oemでオリジナルの化粧品が小ロットから作れる

oemとは、「Original Equipment Manufacturing」の略です。簡単に言えば、依頼主に言われた通りの製品を生産する企業を意味します。例えば自分たちのブランドを作りたいと思っていても、生産工場から作るのはお金や手間がかかります。さらに技術の開発もしなければ、シャンプーなどの製品を作りたいと思ってもいきなり作れるものではありません。
oemの企業では、すでに製品を作る技術があります。そのため自分たちのブランドを作りたい企業は、こだわりのポイントを指定するだけでオリジナルの製品が作れます。実際に作るときには試作が何度も行われるため、納得のいく製品を作ることが可能です。
実際に作る製品のこだわりポイントは、最初の打ち合わせのときにきちんと伝えることが大切です。

こだわりのオリジナル化粧品を作ろう

実際にoemの仕組みを利用してオリジナルの化粧品を作るとしたら、どのような点にこだわって作ることができるのでしょうか。そのポイントの1つとなるのが、主に含まれる成分です。アミノ酸系やコラーゲンなどのたんぱく質系など、候補となる成分はいくつも存在しています。使う成分によって効果にも差が出るため、その点を理解したうえで成分について考えていくことが大切です。
使う成分について考えていくためには、製品のコンセプトを決めるのも1つの手です。保湿やかさつき防止など、どのようなイメージの製品を作りたいのか考えるようにしましょう。
ほかにも香などのポイントを決めることで、独自の製品を作ることにつながります。せっかく生産するからこそ、こだわる点はきちんとこだわって作ることが大切です。

小ロットから作れるため在庫を抱える心配が少ない

独自の化粧品が作れるといっても、予算が多くないため大量に作る必要はないというケースも多くあるでしょう。例えば街の美容院が独自の製品を作りたいというようなときでも、小ロットの注文が可能です。50ロットくらいからの注文も可能なので、このくらいのロットであれば街の美容院が独自のシャンプーを作りたいというような場合でも気軽に購入できます。
また街の美容院が独自のシャンプーを作る場合、販売用と業務用に分けて注文するような対応もしてもらえます。美容院の場合、お店で使っていいと思ってもらえた商品をお客さんが購入するというケースも多く見られます。
だからこそ業務用と、販売用をあわせて作ってほしいという需要も高いのです。小ロットの対応は、業務用と販売用の両方を合わせた数で注文できるのもポイントの1つです。

クリームやボディソープについても一緒にご相談・提案し、サポートをしてくれます。 美容院や化粧品メーカーを中心にこだわりのオーダーメイドを提案中! 小ロットでサロンオリジナル商品を気軽に作ることができます。 名刺カードは500枚で?5000~のご注文でお作りできます。 シャンプーとトリートメントをお客様に合った、ご相談・ご希望が行えます。 オリジナル化粧品についてはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加