小ロットからオリジナルデザインの化粧品を注文できるoem

商品のコンセプトはあるけれども技術力に不安があるという人や生産拠点を持っていないけれども自社ブランドの化粧品を開発販売したいという人などに人気があるoemは、オーダーメイド感覚でプロのアドバイスとサポートを受けながら商品を開発したり、工場がなくても簡単に発注するだけでオリジナルコスメの販売をすることができるという魅力があります。 製品の内容だけでなく容器やラベルにもオリジナリティを出すことができ、小ロットでも発注することができるので、美容業界に進出したい人におすすめです。 何度も打ち合わせや試作をするため納得できる製品を作ることができる方法で、大ヒットしている自社ブランドも多く、異業種からも大変注目されている製品製造の仕方で、世界的にも流行しています。

oemの仕組みや特徴と活用シーン

最近インターネットや雑誌で人気があったり、特集が組まれるほど注目されている化粧品の中には、oemと呼ばれている製品を見かけることが多くなってきています。販売元の会社に委託された企業が、商品の研究開発と製造を行うという仕組みで商品を生産する工場や技術力がない会社が、研究力と製造力がある会社に委託して製造してもらう取引の方法です。 たくさんのコスメを販売したい会社だけでなく、エステサロンや美容室など自社で扱う製品を作りたい人や限定品を作りたいという人にまで人気があり、大量生産から小ロットまで幅広く対応することができるところが魅力です。 商品開発のノウハウや技術がなくてもオリジナルブランドのコスメを販売することができるため、サロンや美容室などをはじめ、美容研究家や町おこしなど活用シーンが広がってきています。

委託製造をするメリットとデメリット

専門的な知識が必要な薬事申請も製造元が行ってくれるので安心です。自社で製造をせずに委託するため、製造技術の向上を図りながら低コストで大量生産をしていくことは難しい面がありますが、開発スケジュールや納期の調整を自社内で行うことができないため、把握するための調整が必要になることがデメリットです。 コスメ業界で最近大変話題になっており、利用する発注元の業種の幅が広がってきている委託製造は、開発から製造まで一貫して委託することができるため、製品開発からボトルやラベルのデザイン、設備投資などのコストを抑えてオリジナルブランドを作ることができるというメリットがあります。 小ロットでの生産から大量生産まで対応していることが多く、必要な時に必要なロット数の発注をすることで在庫を抱えるリスクを抑えることができるところも大きなメリットです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加