oemのコンサルタントとオリジナルの化粧品を小ロットで作ろう

エステサロンなどを経営している場合、サロン独自の化粧品を作りたいと考えている方も多くいるでしょう。ですがオリジナルの製品を作るためには、開発する技術や生産するための場所が必要です。技術を開発するためには人材も必要になるため、街の小さなサロンの場合、独自の生産を作るのは無理だとあきらめている場合もあるかもしれません。ですが自分たちで生産しなくても、外部に委託して作ってもらうのも1つの手です。 oemに依頼することで、独自の製品の開発と生産を行ってもらえます。この仕組みを利用することによって、自分たちに技術や生産する工場がなくても、オリジナルの化粧品が作れます。 また実際に作ろうと思っても、初めての場合はどのように進めていけばいいのか迷ってしまう方も多くいるでしょう。そのような場合でも、コンサルタントに相談できるので安心です。

独自の製品の特徴を考えることが大切

oemのコンサルタントに相談することで、どのようにオリジナルの製品を作っていけばいいのかサポートしてもらえます。実際に作るときに大切なことが、製品のコンセプトを決めることです。例えば化粧水を作るとしたら、保水力をメインにしたいのかさっぱりしたものにしたいのかというコンセプトによって開発の方向性が異なります。 また独自のものを開発していく途中では、試作もしっかりと行ってもらえます。試作して独自の製品の開発を進めることで、イメージ通りのものを作っていくことにつながります。 イメージ通りの製品が作れるようにするためにも、製品に対する要望があったら細かく伝えることを忘れないようにしましょう。ニュアンスでもいいので、イメージを伝える努力をしなければ良い製品は作れません。

必要な量だけ生産することも可能

oemで独自の化粧品が作れるといわれても、大量生産しか対応してもらえないと考えている方もいるかもしれません。大量生産しか対応していないというようなことはなく、小ロットの注文にも対応しています。まずは試しに小ロットで注文したいという方であっても、気軽に独自の製品が開発できます。 またエステサロンなどの場合、サロンで使うものと販売用の製品の両方が必要というケースもあるでしょう。そのような場合は、業務用と販売用の両方の注文が可能です。それぞれの状況に合わせて、注文の内容を決めることが大切です。 詳しい製品開発の流れについては、コンサルタントにしっかりと話を聞いておくことも忘れてはいけません。話を聞いて疑問を解決しておくことで、安心して独自の製品を作ることにつながります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加